【初心者必読】ベラジョンカジノのポーカー ルールを分かりやすく解説します(人気のテキサスホールデム)

ベラジョンカジノは、オンラインカジノの中でも日本に住む人々が登録・ゲームを楽しむとも言われているほど認知度および人気度が高いカジノサイトです。また、ベラジョンカジノの中でも人気を集めているのがポーカーです。ポーカーはトランプゲームの中でも経験を持つ人が多い、特別なルールを知らなくてもできるのではないか、などと考えている人も多いかと思われますが、ベラジョンカジノにはライブカジノとテーブルゲームでポーカーで遊ぶことができるようになっているのです。

ベラジョンカジノのポーカー全体のレートは0.5~5,000ドルですから、本格的なカジノと同じような感覚でベットリミットを持ちっていると言っても良いでしょう。ちなみに、ベットリミットとは賭け金の下限と上限を意味するもの、ベットは最初に賭けることなど、色々な基本ワードがあるので覚えておきましょう。尚、ベラジョンカジノのポーカーの中でもお勧めはテキサスホールデム、このゲームは世界中のオンラインカジノの中でも最も遊ぶ人が多いもの、チップを置く位置を登録できるなどの特徴を持ちます。

ルールはそれ程難しいものではありません。プレイする人数は最低2名、最大10名で、使用するカード枚数はジョーカーを除いたトランプ52枚です。手元に配られるカードはホールカードでそれぞれのプレーヤーに配られる2枚のカードです。ポーカーの基本ルールは5枚のカードで役を作って他の人よりも早く上がること、この役にはワンペアやツーペアなど馴染み深いものがあります。テキサスホールデムはコミュニティカードと呼ぶプレーヤー全員が自分のハンドに使える共通カードがあり、ディーラーは最初にこのホールカードを2枚配るのが特徴です。これに加えてオープン状態になってる5枚のコミュニティカードの合計7枚の中から最強の役になるよう、5枚のカードを取り出してハンドを作る流れになります。

ベラジョンカジノのテキサスホールデムはボタンと呼ぶプレーヤーが選出され、最初のボタンはディーラーが各プレーヤーに対して1枚ずつカードを配ります。ボタンはゲーム毎に位置が1つずつ左側に移動するのが特徴で、ボタンの左側(次にボタンになる人)のプレーヤーをスモールブランド、通称SBと呼びます。さらに、その左側にいる人をビッグブランド、通称BBと呼びBBの人はゲームの最低ベット額、SBはその半分でベットを行うなどのゲームのやり方になるわけです。