ライブがオススメ!?ベラジョンカジノでブラックジャックにチャレンジ!初心者におすすめの賭け方は?

ベラジョンカジノにはカジノパリとカジノシンガポール、2つのライブカジノがあります。ライブは日本語では中継を意味するのですが、ベラジョンカジノは本場のカジノの中継を行い、画面上にはカジノゲームの進行をつとめるディーラーがいるのが特徴です。そのため本物のお店の中で自分が遊んでいるような臨場感がある、今まで一度も行ったことがないカジノの雰囲気を楽しむことができる魅力を持っています。

ベラジョンカジノにはブラックジャックのカードゲームもあり、カジノパリなどの場合はテーブルが2つあるので、楽しみ方も2倍などの魅力もあります。ちなみに、ベラジョンカジノのカジノシンガポールはテーブルが1つ、最低ベットは25ドルからですので、初心者にはカジノパリがオススメです。カジノパリの最低賭け金は0.5ドルからですから、ちょっとだけやってみたい、ベラジョンカジノのブラックジャックがどのようなものであるのかを知りたい人にも最適ではないでしょうか。登録すると30ドルのボーナスマネーが入るので、これを使って全体的な雰囲気を知る時にも便利です。

ブラックジャックのルール、あえて説明する程ではないかと思われますが、52枚のカードの中から2枚を使って合計数を21にする、もしくは21に近づけるのが基本です。エースは1と11の両者に使えるもの、2から9はそのままの数字で加算を行う、絵札は3種類とも10でカウントします。例えば、手持ちのカードがエースと絵札になった時には、エースは11でカウントするため、既に21になり勝利を掴んだようなものです。一方、2枚とも6のカードの場合は合計が12ですから、余程運が良くなければ勝つことができませんので、1枚のカードを捨てて新しいカードを引いて勝負する、これがブラックジャックの賭け方の基本になります。

ベラジョンカジノでブラックジャックをやる時の賭け方ですが、最初にチップを選択してベットをします。カジノパリでは0.05・1・5・25・100・500・2xの表示があるので、いずれかを選んで賭けます。ベットする場所は3か所あり、真ん中と左右に「Perfect Paris」・「21+3」が表示されるので、3か所の内いずれかに配置します。尚、ディーラーのカードは1枚が表向きになるので、もう1枚のカードの数を予測します。仮に、表向きのカードがエースになっている時、もう1枚のカードが絵札であれば既にブラックジャックになっている可能性もあるわけです。