【ベラジョンカジノ編】バカラでの勝ち方と基本戦略

ベラジョンカジノで人気のバカラは、単純でわかりやすいのが魅力のトランプゲームの一つです。BANKERとPLAYERに分かれてカードを2枚あるいは3枚配り、点数の高いほうを当てます。配当は1:1なので、賭けた金額と同額が配当として戻ってきます。勝つか負けるかは約50%の確率なので、その意味では分かりやすく単純なのです。ただ実際の確率は、BANKERのほうがわずかに高くなっており、カジノコミッションとして5%が差し引かれてしまうことを加味したとしても、BANKERの勝利に賭けつづけたほうが有利です。

ベラジョンカジノのバカラでの勝ち方には、いくつかの方法があります。たとえばマーチンゲール法と呼ばれる方法です。これはバカラに限らず賭け事の世界ではよく知られている戦略方法ですが、これは勝ってる間は賭け金は一定の額をベットし続けます。ところが負けたら次の勝負では負けた分を取り戻すために、賭け金を2倍に増やす戦略です。2倍に増やして次の勝負に勝てば、前回の負けを取り戻すことができます。ただ、負けが続いてしまうと、その都度2倍から4倍、8倍と賭け金が増えていきます。負けを取り戻そうと焦り、逆に負けを膨らませてしまうことがないように注意が必要です。

ベラジョンカジノのバカラにおける二つ目の勝ち方はダランベール法で、リスクが低くために勝率が高く、初心者にもオススメの方法です。勝ったときは賭け金を1減らし、逆に負けたときは賭け金を1だけ増やします。仮に負け続けたとしても賭け金が少ないので、大損する心配がありません。負けると熱くなってしまうタイプには、自分自身を律するためにもオススメの方法と言えるでしょう。

のんびり時間をかけながらゲームをしたいという方にオススメなのが、オスカーズグラインド法と呼ばれるベラジョンカジノの勝ち方です。オスカーズグラインド法の特徴は賭け金を変えないという点です。勝った場合は利益を確保して保管します。逆に負けたら賭け金が同額になるように連続してベットしていきます。こちらの方法も基本的には大負けする危険が少ないのが魅力です。

この他にもモンテカルロ法と呼ばれる方法もあります。人気は比較的高いのですが、かなり複雑で計算能力が求められます。どの戦略を取り入れたとしても、自分の決めた一定のルールに従ってゲームを進めていくことになります。ここがリスク管理をしながらベラジョンカジノを行う上で大切なことです。