ベラジョンカジノではブラックジャックをライブカジノで楽しめる?その種類は?

ベラジョンカジノにはライブカジノが2種類あります。まずはトップページのメニューから「ライブカジノ」をクリックしましょう。「カジノ・パリ」と「カジノ・シンガポール」を選べます。「カジノ・パリ」と「カジノ・シンガポール」のどちらにもブラックジャックはありますが、少し違いがあります。その違いを説明していきましょう。カジノ・パリのブラックジャックの特徴は、テーブル数が多いこと。賭け金も0.50ドルから1,000.00ドルまで様々です。ディーラーも男女ともに色々ですし、性格もさまざま。自分がやりやすいディーラーを見つけて、選んでいくのがポイントです。

ベラジョンカジノのカジノ・パリにおけるブラックジャックの最大特徴は、サイドベットとビハインドベットができること。まず、オレンジ色の部分は普通に賭けるところです。レッド部分はサイドベットで、左側は「パーフェクトペア」で右側が「21+3」です。「パーフェクトペア」は、最初に配られた2枚のカードが同じナンバーの場合に配当が得られます。「21+3」は、最初に配られた2枚のカードとディーラーがすでにオープンしている1枚の合計3枚を、3カードポーカーとして勝負するものです。当然のことながら役によって配当は変わってきますが、勝負時にベットしておくと大きな配当を手に入れる場合もあります。青い部分はビハインドベットで、観戦者がベットできる場所です。観戦していると不思議と流れが見えてくることがあります。自分が勝つと信じたプレイヤーにベットして、当たれとなると配当を得ることができます。

ベラジョンカジノのカジノ・シンガポールにもブラックジャックのテーブルはありますが、現状ではテーブル数は少ないです。席が少ないので、いつも満席といった感じです。賭金額の幅は大きいので、大きく賭けたい人も小さく長く楽しみたい方も楽しめるゲームといえるでしょう。パリに比べると、シンガポールのブラックジャックは性能が高いです。ゲームの履歴を閲覧することができますし、画面のクオリティも高いです。ただ、そのためか画像処理がやや遅い印象もあります。画面の左側に画質を「ハイ/ロー」で選べる機能がありますので、処理速度が遅いと思ったらローを選択してみるという手もあります。

現状では、ベラジョンカジノでブラックジャックを楽しむなら、ライブカジノ・パリでブラックジャックが良いのではないでしょうか。何よりゲームができなければ意味がありません。ライブカジノ・パリならテーブルが多いのでいっぱいになっててゲームに参加できないという可能性が低いです。また、サイドベットもおススメです。ブラックジャックの場合は、大きく勝つのが難しいので、サイドベット機能を使って、大勝するチャンスがあります。